" House
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

賃貸物件のリフォームの可能性

賃貸といえば店舗などは新しく入る借主がリフォームをしないと商売にならないために

大々的にリフォームされることは多いと思いますが、

住居用の賃貸ではリフォームはできない場合がほとんどではないでしょうか。


カーテンや照明器具などで自分なりの雰囲気をつくりだせることはできますが

壁紙などはあまり面白みのない白いタイプがほとんどだと思います。


賃貸でも壁紙や新しく導入する備え付けのものがある場合、

新しく入る借主が選べることができれば新しいマーケットになるのではないかと思います。


というのも私自身の経験から何回か賃貸マンションを移り変わりましたが、

その際、入居まで期間があり、内装などほとんどできていない状態で前もって新居を見ることがありました。


普段からインテリアに興味があったので、ふと壁紙やエアコン、

キッチンのシンクなど選択の余地があるならぜひ選ばせてほしいと思ったからでした。

しかし、ほとんど賃貸ではそういうリフォーム前提の物件でない限り選択権がありません。

金額が同じであるなら好みのものにして、また好みのものがたとえ金額が高くなっても

その分だけ追加になっても気に入ったものを選んで暮らすと満足度がかなり違ってくると思います。


インテリアに興味のある人はそういうこだわりには食いつきが違いますので

「壁紙選べますよ」「シンク入れ替え予定で好みのものにできます」など

プラスアルファでセールスポイントにすると同じような物件同士でも

差をつけることができるのではないかと思います。